仙台大学大学院スポーツ科学研究科
研究論文集
Vol. 1・2

1. 石井 康宏
スポーツ施設の活用状況と活用促進課題
−公共温水プール施設について−
2. 今村 守彦
小学生の生活習慣と運動・スポーツ意識に関する研究
3. 佐藤 志穂
スポーツ参与における性差の社会学的研究
4. 土生 善弘
日常生活における高校生の身体活動と学校体育との関わりについて
−運動部所属・非所属生徒・教師における意識・実態の比較から−
5. 安田 玲子
地域における「まちづくり」とスポーツ振興に関する社会学的研究
−秋田県琴丘町の事例を中心として−
6. 井上 和徳
サッカープレーヤーの非利き足のトレーニングに関する実践的研究
−中学1年生のキックについて−
7. 片桐 幹雄
サッカー競技者の全身持久力を生理学的に評価するための20mシャトルランテストの研究
8. 竹村 英和
海浜実習におけるコンディション評価システムに関する研究
9. 伊藤 智華
ウォーキングによる循環反応の年齢特性に関する研究
−血圧、心拍数を中心に−
10. 崎山 健
睡眠に対する運動の効果
11. 松山 恒博
青年の食生活改善に関する研究
12. 宮川 美帆
運動後の疲労回復に及ぼす入浴効果に関する研究
13. 吉田 喜良美
勤労者の生活と健康に関する研究
14. 梶原 敏雄
体育授業への子どもの意欲的な取り組みに関する実践的研究
−「体ほぐしの運動」への子どもの授業参画を通して−
15. 金子 勝司
高齢者のQOLの関連要因分析
−スポーツの実践が及ぼす高齢者とその家族のQOL−
16. 島貫 智博
住民主導型コミュニティー・スポーツの機能と役割に関する研究
−宮城県柴田郡大河原町上谷地区の事例を中心に−
17. 稲辺 功太郎
企業におけるスポーツ支援活動に関する研究
18. 松山 博明
仙台圏サッカーユース時代の競技力向上に関する調査研究
−ジュニア層競技者を対象とした育成環境の改善に着目して−
19. 行場 裕樹
専門学校生の生活習慣と健康に関する研究
20. 櫻田 和子
重度脳性まひ児の首のすわりに関する研究